料理は右脳を使う!

子育て 小6~中3


いまは、15歳の息子が2年前、中1のときのころの話です。

中1の息子のユウキは、明日が楽しみのお弁当の日。
夕食の洗い物をやりながら、ユウキが明日のお米を研ぎました。

研ぐのと、洗うのは違いはこれよ! なんて、実演しながらみせると、
研ぐと、お米が固まっちゃう! なんていう。
明日のおかずの準備をしていなかったら、
「大丈夫、冷蔵庫にあるもので作るので、おかあさんはゆっくり寝ていてね」
なんて、言ってくれるのです。

2歳の時から、my包丁を持っていたので結構、うまい。
台所に立つときは、椅子が必要だったのに、いつのまにか、不要に。
もう165cmを超えたのです。

鹿児島の女の私としては、台所に男子が入るなんて!
という、育て方をしてきたのですが、結婚するときに、母がこんなことをのたまった。

「これからは、時代も変わったので、どんどん台所に男子も入らせてね。」

この変化。
私は、母を尊敬してしまいました。
簡単に変われるわけがないのに・・・

でも・・・、
そのおかげで、主人も、息子も、楽しく料理ができるようになったのです。

料理は、右脳をつかうなぁといつも思うのですが、男性陣いかがですか?

明日は、息子の右脳の訓練のために
ゆっくりネンネコしていよっと(笑