妊活 未妊と言葉を変える

赤ちゃんを望んでいるあなたへ

こんにちは、37才で結婚して40才で自然妊娠、自宅出産した熊谷ハイジです。

以前、ある方に、私が不妊のことを「未妊」と
言葉を変えて使っていることに大いに賛同してくださいました。

それは、「言葉のイメージの大切さ」を知っていらしたからです。
イメージがどれだけ大切か・・・、
とくとお話していただきました。
うれしかったです。

なぜ未妊という言葉にされたのですか?
それはあるイギリス人の男性の言葉がきっかけでした。

乗務先のロンドンで、主人の知り合いのイギリス人の男性に会うことになりました。

なんと、彼は日本で東洋医学を学んだ、西洋医学のドクターだったのです。

いろんな話のあとで、

ところでお子さんは?
・・・・できないの

すると彼は

できないのではなくて、
「まだ」いないだけなんだよ

「not yet」という言葉を使われたのです。

その瞬間、私は、「不妊」というイメージから心が解き放されたのでした。

そうか!

まだいないだけだったら、これからは「未妊」と呼ぼう!

それだけで全然違いました。

敗者からチャレンジャーに変わったのでした。