16年ぶりの制服、着心地は?

CA時代のエピソード

16年ぶりにJALの制服が変わりました。(2013年の記事)

16年ってすごいですよね。

 

先日羽田に参りましたときに、初めて見かけました、新しい制服。

かっこいい!

私は、森英恵さんの制服を長年着ておりましたので、懐かしいイメージが浮かびました。

そして、私の好奇心は、遠慮がないので困ってしまうのですが、歩いているクルーの方に教えていただきました。

 

元国際線ファーストクラス客室乗務員 エグゼクティブクルー熊谷留美子のおもてなし実践講座

「着心地はいかがですか?」

 

私が元クルーだと名乗ったからでしょうか、親切に教えてくださいました。

結構、着にくいとのこと・・・。

理由は、やはり思っていたとおり、白色の部分でした。

 

実は機内での仕事は、かなりの汗をかきます。

私などは、冷や汗も加えてしまうので、本当に汗びっしょりです。

その白色の部分の汚れのことを話されていました。

 

ただ、傍目で見る分には、80年代の懐かしい制服って、感じでいいなぁと思えますが、いかがでしょうか?

笑顔を添えて働かれている姿は、素敵です。