高校生の悩みを具体的に右脳トレーニングに書く

右脳トレ実践編

高校で「5円玉の振り子を使った右脳トレーニング」の講座をしてきました。

 

1,2,3部制の学校で、東大を目指す生徒から、働きながら学ぶ生徒まで本当にユニークな学校です。

 

今回は、私が高校3年生のときに自殺をしたくなった話をしました。
なんとなく、お話したくなったのです。


「実はね、自殺したいって、本当は自分を見て! 見て! というサインだったんだ。
大人になってから、壁にぶつかって、もう嫌だって思ったこともあったけれど、これもね、
今考えると、ぶつかる前にスルリと避けていたんだって、気づいたんだ。」

生徒
「 ・・・(生徒が眼をキラキラさせ始める)・・・」


「あのね、ぶつかったら・・・、実はバーン! って道がひらけるんだ!
でもね、私はバーンって、道がひらけなかったの。
実は全速力でぶつかっていなくてね。
なんだか、壁にぶつかるのが怖いから、スルリってかわしてしまっていたんだ。」

生徒
「・・・(食い入るように話を全員が聞く)・・・」


「壁にぶつかるのがどうして怖いかという理由がわかったんだ。
それはね、壁にぶつかるともう何もないって、思ってしまうからなの。
壁にぶつかったときに、幾通りの手段があったらどう?」

 

生徒
「いい、それいい!」


「じゃ、体験しようか!」

そう言って、右脳トレーニングを始めました。

 

まずは、私がみんなの前でします。

生徒は、早くしたがります。

このキラキラがたまらないです。

・用紙
・5円たま
・糸

を手渡しします。

以前は、私が作っていたのですが、今は一人ひとりに作ってもらいます。
大きくなったときに、「作った感覚」を覚えてほしいからです。

全員が動きました。

そして、今度は、3分間で6ヶ月後までに叶えたい夢を書いてもらいました。
熱心です。

右脳トレーニングで潜在意識を活用し成功を引き寄せるわくわくブログ@熊谷ハイジ

一人ひとりの生徒の用紙をみせていただき、具体的に修正を加えます。

「赤点をとりたくないって、何点?  なんの教科?」
「5kg減って、実際○○kgって書いてね。」
「車って、どこの会社のどの車種?」

こんな感じで、一人ひとりと話していきます。

「ねぇ、どなたか兄弟の子供がいる人っている?」

生徒 

「はい!」

「あのね、クリスマスにサンタさんに何が欲しいって聞いたとするでしょ?」

生徒 

「はい、おもちゃって言われます。」

「で、どんなおもちゃって、聞きません? だから、具体的だったらイメージしやすくない?」

 

最後に

「あのね、壁にぶつかったら、用紙の一番上に、○○を超える方法をいっぱい知りたいって、書いてみてね。
少なくても1つ以上はでてくるの。 

そうしたら、それを行動に移してみて。 くだらないことでも行動に移してみて。
するとね、バーンって、道がひらけるよ! 

だって、さっき5円玉の振り子が振れたじゃない、あなた達は天才なの!」

とお話をしました。

 

私自身が私に言っている言葉でした。