電話機はどうして玄関先にあったのか

右脳トレ

突然ですが・・
「電話機はどうして長い間、玄関先にあったのかご存知ですか?」
「玄関先では、使い勝手としては不便ですよね」
「そういえば・・・、そうよねぇ?」

・・・・・

「実は最初に電話機を買った方が、電話機を玄関先に置いたのだそうです」

・・・・・・・・・・・

「なぜだと思いますか?」
「ご近所の方々が次々に見学に来るので、家の中に入らなくても見られるように、玄関先になったそうです」
「2番目に買った方、3番目に買った方が、『電話機というのは玄関先に置くものだ』と解釈して、それが続いているそうです」
「実際には、不便なのに、このように思い込みで使い続けていることって、生活の中にまだまだあるようですよ」

「思い込み・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば、

・相手に合わせるだけの自分、方向性をはっきりさせたい!

・決めたらすぐ行動できるようになりたい!

・志(マインド)を分かち合い、共に行動する仲間が欲しい!

・感情に振り回されることなく、自分らしく生きたい!

・自信が持てる自分になって、将来の不安をなくしたい!

と、思ってセミナーに出たとします。
そういうセミナーは、素晴らしいのです。

でも、どこかで・・・、

・自分は、今まで出来なかった・・・。

・何回もやろうと決めたけれど、継続出来なかったし・・・。

・セミナーに行っても、その日は燃えるけれど、行動まで移せなかったし・・・。

そうだ!
性格が悪いんだ!
そうか、成功者の方々は、性格がよかったしなぁ・・・

なんてね

どう思うと勝手ですが、せっかくだから・・・。