私はどっちか【MGCマラソン設楽悠太選手、積み上げ式か、逆算式か】

副業のヒント

【MGCマラソン設楽悠太選手、積み上げ式か、逆算式か】

2019年9月15日の東京オリンピックのマラソン選手を決める選考レースがありました。

そのことから、自分の人生の設計も、大きく分けて2つのパターンがあるなぁと思い知らされました。

そのことについて書いてみます。

さてテレビがない我が家では、スマホのテレビで
1)TBSでの男子マラソン
2)NHKの副音声での女子マラソン

といったりきたりしながら見ていました。

男子マラソン、いきなり設楽選手がアレヨアレヨとトップを一人で走っていきました。

ある時には2位集団と2分以上も離したのです。

私の心の声「このまま行ってくれたらいいけれど最後の坂大丈夫?」

と母親の気持ち。

結果、14位でのゴール。

ヤフーニュースでは、さぞや設楽選手への批判が多いのかとおもいきや・・・・
違ったのです。

設楽選手への絶賛80%くらい。

つまり設楽選手は

「オリンピックでメダルを取ることを照準にした走り」

というのです。

びっくりしました。

確かにそう!

今回のオリンピックの選考は、すでにある基準をクリアした選手が集まっていました。
その中から代表を決めることになっていたので、

どちらかというとタイムよりも、順位重視。

という作戦をとることは予想されていました。

でも、設楽悠太選手は、ぶっちぎりの1位を35kmまで一人で走って行ったのです。

このままでは、アフリカの選手には、かないっこありません。
1回めの東京オリンピックの時の金メダルはアベベ選手で、私は9歳でしたが今でも覚えていますもの。
軽やかで、圧倒的な走りでした。

そんなアフリカ勢の中でメダルを取るには・・・、

設楽選手のように世界の選手を標準としてぶっちぎりで走っていくしかありません。

それを、今回の選考レースからやっていたのですから、

称賛のコメント、いっぱい!

ということになったのです。

じゃあ、実際にコメントをした人が自分が選手だとして、どちらのやり方をとったでしょうか?

どちらも正しく、どちらも素晴らしいのです。

1)積み上げ式
2)逆算式

これは誕生日からもだいたい傾向がわかるらしいです(動物占い)

私は、2)の逆算式です。

①ゴールを設定して、
②そのためには、〇〇年までにはどうしておこう

という逆算型です。

1)積み上げ式はまず、〇〇をクリア、それができたら次の〇〇をクリア という方式。

 

でも、結果は同じなのです。

これは、1)も2)も同じことなのですが、結構、意見の相違をみることが多いです。

そう、同じなのです。

例えば、1)の積み上げ式を今回のレース展開でいうと、

1)まずオリンピックの代表になること

2)そののち、1年間でオリンピックでメダルが取れるようにスピード等をさらに身につける

です。

今回の服部選手へのコメントから多くのことを学びました。

人のことはナントでも言えますものね。

ようは、今回の選考レースから自分の人生に「置き換え」たときに、

自分はどういう方法で歩んでいくかを参考にすることが、選考レースで頑張ってくださった選手へのお礼になるかなぁなんて感じました。

私は、起業されている女性がもう一つの収入で5~10万円プラスできて、
そのお金でお子さんにも経験をプレゼントできるといいなぁとお仕事の提案をしています。
・もう一つのキャッシュポイントの提案は
1つめは こちら
2つめは こちら