桐島洋子さんの50代以降の女性の時間の過ごし方

結婚を望んでいるあなたへ

最近、桐島洋子さんの本に惹かれてしまいました。

未婚の母として、3人のママとして一人で懸命に仕事をされてきた桐島さん。

随分、マスコミにも叩かれた時期もあったと記憶しています。

50歳を過ぎてから、自分の時間を見つめ直す・・・、ご自身がされてきたエッセイがいくつかでています。

カナダのバンクーバーの別荘での様子など、私の大好きな土地での日々の生活の様子など、手に取るようにわかるので、羨ましく、また、参考になることばかりです。

17年前のバンクーバーしか知らない私ですが、街の様子は、いまでもはっきりと覚えています。

緑と街が一体となっているんです。

食べ物も美味しかったです。

市場にいくシーンがこの本にも何回も書かれていますが、マッシュルームなど新鮮で、よく日本に買って帰りました。

日本食も美味しいのは、魚が実に美味しくて、安いからです。

また、香港からの移民の方々が急激に20年前から増えたので、実にチャイニーズが美味しいのです。

50歳以降の人生を、ゆったりと過ごしていきたいとおもいながらも、どうしていいのかわからないかたには、オススメの本です。

桐島さんは、けっしてお金がいっぱいあるわけではなくて、その辺りも、赤裸々に書かれています。

ついつい、お金の心配をしてしまった私ですが、そこに集中するのではなくて、自分の人生をどうやって送るのかを決めることから始まるということが示唆されている本です。