希望が持てた、待望の男の子誕生!

赤ちゃんを望んでいるあなたへ

先日、親友のOさんと抱き合いました!

それは、赤ちゃんが誕生したからです。
待望の赤ちゃんでした。
どうして36歳の男性と抱き合ったかというと・・・。

望んでもできなかった赤ちゃん。
ちょうど1年前にセミナーで出会って友達になり、
5円玉を使った右脳トレーニングで遊びました。
これは、思いを形にしていくことができるものです。


「あのね、この5円玉のところに欲しいことを書くと楽しいことがおきるよ!」

Oさん
「ぼく、赤ちゃんが欲しいから書くね」

そう、そうして5円玉の振り子が動きました。
すぐに大きく動いたのです。

それから、数ヵ月後、赤ちゃんの妊娠を知ったときには、
「ハイジのおかげだ!」って喜んでもらえたのです。

希望が持てたんだって!

・一度流産を経験していて、できないのでは?という不安 。
・会社社長の娘婿として養子に入り、会社を受け継ぐためには男の子を生まなければならないプレッシャー 。

これは相当のものだったそうです。
5円玉が動いたときに、「光」が見えたそうです。
できる!
絶対できる!
だって、動いたから・・・

Oさんは私に会うたびに、
「あのときの5円玉の振り子が動いたおかげ」と 、
よく言っていました。

プレッシャーを跳ね除けるのは、「5円玉の振り子が動いたから」というのが 、
ずっとあったそうです。

こんな5円玉の振り子が動いたからと言って、叶うものか・・・。
と思っていたそうですよ。

でも心の奥深いところでは、「信じてみたい」という気持ちがあったようです。

毎日振り子を動かしていたわけでもありません。
1回、動いたときに、おおきなインパクトがあったそうです。
「いけるぞ」って。

そして、待望の跡継ぎの男の子の誕生!したのです。

私もうれしくって、さっそく
「お産の後のウンチがいっぱい出る方法」
を伝授がてら病院に行きました。

そう、ここだけの話ですが、ウンチが出ないおかあさんが多くて、
退院のときに「下剤」を配るんですよ~。

ウンチがいっぱい出ると、おっぱいがおいしいのです。
おっぱいは血液ですが(おっぱいをしばらく置いておくと赤くなります)、神様は赤よりも白だったらいいなぁと、どうやらお考えになったようです。

便秘ですと、血液の周り方が遅くなり、どよよ~んとなります。
なので、おじゃるの奥様に、ウンチがいっぱい出る方法をお知らせにいったわけです。

おっぱいをいっぱい飲んだ赤ちゃんは、「おいしい」おっぱいなので、
ぐっすりネンネコしてくれるので、産後のおかあさんがとっても楽なのです。
話が大幅にそれて、ごめんなさい。
脱線大好きの私です。

さっそく、病院に行ったら、おじゃるは、走ってきてそして、固く抱き合ったのです。
それほどうれしかったんだなぁと、胸がキュンとなりました。

ほんのちょっとしたきっかけです。
希望が持てるって、しかも・・・36歳の男性に言われるとなんだか余計うれしいのです。
男性は、そんな・・・、そんな5円玉の振り子で願いが叶うのなら、
「世の中、わけないよ!」
って言っても不思議ではないからです。

私の夢の一つに、一家に一人、この思いが形で見える5円玉の振り子のことがわかる人がいたらいいなぁという願いがあります。

そうしたら、「ねっ、5円玉が動いたでしょ、だからあなたのやりたいこと、叶うわよ。」

なんて後押ししてくれる人がいたら、家庭の中が明るくなります。

思いが形になる実験は、あなたのお財布の5円玉からできます。