川島GK「もし意味すらないなら意味あるものにする」2015

副業の応援メッセージ

サッカーの日本代表 守護神 川島永嗣さん

ヨーロッパのベルギーで活躍されていましたが、次の移籍先がぜんぜん決まらず、日本代表にも試合勘がないとのことで召集されていませんでした。

2015年12月、スコットランドのチームに決まった報告があったのですが、
その川島さんの文面に惹かれました。


「ここまでの道のりは長く、決して平坦ではなく、
そこにどんな意味を見出せるのか
自分でも分からなくなる時期もありました。

しかしながら、もし意味すらないのであれば、
それを意味あるものにできるのも自分自身でしかなく、

自分の中だけでなく、周りの存在にも気づくことができたなら、
それがさらに大きな意味を持つのではないかと思います」

どれだけの思いをこの夏から経験して、この言葉になられたのかと思うと
本当に頭が下がる思いです。

学ばせていただくことばかり。

川島さんが所属されたベルギーのチームでは、
選手がいろんな国から来ているので、
キーパーとして伝達するために、
7ヶ国の語学をマスターし、
なんとキャプテンにも選ばれました。

そして、赤ちゃんもこの日12月3日に誕生されたとのこと
いっぱいいっぱいおめでとうございます。