山ほどの巻貝を自分で料理

栄養価のある簡単料理

この巻貝の写真!

「けつぶ」と呼ぶらしいのですが、山ほど300円で売られていました。

宮城県仙台市の朝市でのことです。
実は、以前から気になっていたのですが、どうやって食べるのかわかりませんでした。

すると、おにいさんが、「みせてあげるよ」

と目の前でパパパと。
でも、写真が追いつかない!

大きな貝を、トンカチで打って、中身がいっぱいでてくるのです。
「腸管のようなものを取ってね」 と言われて、とってみました。
右側の小さな貝柱のようなものです。

おにいさんが、「生で食べるとおいしいよ。 ただ、やはり下痢する人がいるから、ゆがいた方がいいね」と言われたので、そのとおりにしました。

でも好奇心いっぱいの私は、1個だけ生でたべてみたら・・・、美味しくって3個もたべてしまいました。

おなか・・、大丈夫でしたが、人には勧められません。

主人
「これはおいしいんだ」
ともうしておりましたから、宮城県では有名なのかなぁ?

翌日、すいとんを作りました。
出汁・・・に、このまき貝を入れました。

驚く程おいしくて、何杯もおかわりしたい気分!

300円で、こんな気分になれるなんて、最高!

トンカチで私はバーンって打ちましたが、その手間さえ頑張れば、3品ほどつくれる量です。
なんでもチャレンジって、大切ですね。

知らないともったいない!