孫 泰蔵さんの日本のシリコンバレー計画

副業の応援メッセージ

実は最近胸キュンの男性がいます。
孫 泰蔵さんです。

日本にも、シリコンバレーを作ろう!
と、起業家を集めて教育の仕組みを作っていらっしゃるかたです。

なんといいましょうか!
ユーモアのセンス抜群なのです。
いまは、人を育てる側になっていらっしゃる40歳の孫さんですが、

「とにかく、ありとあらゆる失敗をしました」
というくらい、大変な時期があったそうです。

そのときに、15歳年上のお兄さん、ソフトバンクの孫 正義さんが、弟に語った言葉がブログに載っていました。

「人生はスーパーマリオ」という話なのですが、私自身はスーパーマリオは全くわかりませんが、このたとえ話はわかりやすいなぁと思いました。

泰蔵さんのFBは、全部読ませていただきました。
どれも、これも、ジーンとくる話ばかりです。
そして、ユーモアにあふれて、応援してくださっていることがとっても伝わるのです。

泰蔵さんのブログ

http://taizoson.tumblr.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人生はスーパーマリオ
それから、次のような話も思い出しました。

僕が会社を始めた当初、会社の経営がうまく行かずに資金繰りやチームをまとめることに四苦八苦して絶望しそうになっていたとき、彼はこう言いました。

「泰蔵、辛いやろ、苦しいやろ。
ばってん、お前は今いい経験をしよるとぞ。
その苦労や経験は実になって将来必ず役に立つ。

人生はスーパーマリオみたいなものなんだ。

最初に1面を始めたときを考えてみい。
ザコキャラのノコノコ1匹にすぐやられるし、雲に乗ることもできん。
だんだん習熟してくるとボスキャラのクッパにたどり着けるようになる。
だけど、本当にクッパを倒せるまでに、何度も死ぬことになる。
そこで挫折しそうになるのをこらえて挑戦を続けて、やっとクッパをやっつけてピーチ姫を助けることができる。
次の2面はまた一段と難しくなっとる。
そこで何度も何度も失敗するけど、努力と訓練でスキルを上げてクリアしてゆく。

いまのお前は1面で苦労している段階や。
それでいかにも俺に助けてもらいたそうな顔をしているけど、プライドがあって言い出せんのだろう。
最初に言っとくけど、俺は助けてやらん。
お前の今の困難はおれも経験したし、助けてやるのは簡単やぞ。
だけど、ここで助けたらお前のためにならん。

『そこの土管から3面にワープできるぞ』と教えるのは簡単やけど、いまのお前の実力では3面にいったら瞬殺やぞ。
だから1面、2面で『必ず経験しておくべき失敗をして』、そのうえでクリアしていって、やっと3面のボスキャラに対抗できる実力が身に付く。
ここで俺がお前を助けて3面に行かせてやったら、そこで致命的な失敗をする。
だから、ここは逃げちゃいかん。
お前の勝負どころやぞ」

どん底の時期に「人生はスーパーマリオ」と身近な例を持ち出して励ましてもらった孫泰蔵は、気持ちが明るくなり、この話をきっかけになんとか苦境を乗り越えたのでした。