壁にぶつかったら、2個以上の方法を見出す

右脳トレ

今日は東北大学の学園祭で、ブースの中に私がいて、来場した学生の方の質問に私がお答えするという対談をしてきました。

楽しかったです。
20代に戻ってワクワクしてしまいました。

ブースは15~20分毎に入れ替え制でした。

合計で男性の方々7人が私のブースに見えて、就職のこと、単位のこと、これからどう道をすすむのか・・・
など相談されました。

私がお話したのは、◆大学は就職のためにあるのではない◆

でした。

学生 「そうはいっても現実はそうです」
私  「そうですね、なにかなさりたいことはありますか?」
学生 「いいえ、ありません」
私  「・・・・」

学生 「失敗をしたときに、どんな気分でしたか?」
私  「死にやしませんから大丈夫、一歩踏み出すことをしたら、すごいことになります」
学生 「でも・・、怖いです」
私  「そうですよね、私の場合は右脳トレーニングをしているので、壁にぶつかったら
    方法は1個ではなくて、山ほど方法をみつけるようにしています」

学生 「どうやったらいいですか?」

そうやって、簡単な右脳トレーニングを体感していただきました。
7人の男性、全員やっていただきました。

東北大学ですから、実に頭の良い方ばかりです。
そして、礼儀正しい方ばかりでした。

この右脳トレーニングは馬鹿にされるかなぁと思ったりもしたのですが、
シェヴルエールさんという方が200年前に発見されたのですよ・・・とお話したら、
信ぴょう性があったようで太陽の振り子をなさいました。

そして、全員に振り子をしていただいた結果・・・、

「ほ~!!」と口からビックリの声をだされていました。

ハイジ「振り子が動いただけでは面白くありません。 ここにやりたいことや夢を書きます」
学生 「?????」
ハイジ「だって、数字が動いただけでは意味がありませんよね」
学生 「確かに・・・」

そうやって書いてもらいました。

ハイジ「夢を書いたら・・、ここからが重要ですが、アイディアが浮かんでくるのです」
学生 「アイディアですか、それは凄いです」
ハイジ「そう、凄いですが・・・、はっきりいいますが、このアイディアは
    行動しなければ意味がありません」
学生 「確かにそうです」

こんなやりとりをしました。

ハイジ「では、夢を書いて振り子が振れて、アイディアが3つでたら私にメールをください」
学生 「はい、わかりました(かなり元気がいい)」
ハイジ「そうしたら、何かプレゼントを差し上げましょう」

こんなやりとりまでしましたが、・・・・・
実際に行動に移せる方々は、少ないようです。

私はこのことは、自分自身にも当てはまるのでその気持ちがよくわかります。

私自身、何か少しでも今の状態から、1mm、一歩進んでみられたらいいなぁと思います。

「ほ~」という感動の声を聴いてしまうと、大学生のお母さんくらいの私としては、何かもっとお役に立てることをしたくなるのです。