吉田羊さん「毎日の感謝ノートに書きつづり」賞総なめ

副業の応援メッセージ

たたき上げで実力を蓄え、満を持してブレークした女優の吉田 羊さん。
CMでもいろんな役を拝見できます。
私がブレークする前からいいなぁと思っていたのは、
NHK Eテレの「スイッチインタビュー」の声。

今は、日本アカデミー賞の優秀助演女優賞など、賞レースは総なめ状態。

でもある種の“コンプレックス”が潜んでいたそうです。

吉田 羊さん
「私、6年前まで、賞レースに自分が参加できるとは1ミクロンも思っていなくて…。
そこを目指す資格のない人間だとどこかで思っていたんです」。

そんな吉田さんの転機となったのが、2011年2月に行われた日本アカデミー賞の授賞式当日、ある男性との“運命の出会い”だったそうです。

吉田 羊さん
「用賀にあるバーで見ていたんですけど、そのとき深津(絵里)さんが『悪人』で主演女優賞を受賞されて、スピーチをされているのを他人事で見てたんです。
そしたら、左隣にいた男性のお客さんが、『羊ちゃんはこういうテレビをどういう気持ちで見るの?』って言ったんです」

吉田羊さん
「『いや、ふかっちゃんか…、良かったなって思いで見ますよ』って答えたんです」

バーで左隣の男性
『そうなんだ…。やっぱり同業者だから悔しいのかなって思ったんだよね…。いつかはここに立ちたいって。意外に素直なんだね」

と言葉が返ってきたという。

「その瞬間に、不思議と『あ、私もここに行きたいと思っていいんだ』と初めて思って…」と、心の中で、それまでなかった欲が生まれ始めたそうです。

以降は毎日、日々つけている「感謝帳」に「いつか日本アカデミー賞で最優秀助演女優賞を取れますように」と書くようになったという。

「自分で意識し始めると、やっぱり欲も出てきて、これまで見ていた日本アカデミー賞の番組も、違う景色に見えたんですね。
『今年も私はここにいない。来年は来れるのかしら?』と、“自分事”として見られるようになってこの6年間を過ごしてきたので、
意識するっていうのは大事だなって思います」

文中は、デイリースポーツ・福島大輔さんの記事です。