ミレーに癒される 2014年12月

徒然なるままに

ミレーが生誕200年ということで日本全国をまわり、宮城県仙台市の美術館に来てくれました。

びっくりしたのは、84点もの作品があったことでした。

ただ・・・・・、私は「落ち穂拾い」のみ、この一作品のみ鑑賞いたしました。
小4のときにハガキで出会って
24歳のとき、パリで本物をみて
その後オルセー美術館に幾度に、貸し出されていて会えなくて・・・。


(ネットからお借りしました)

今回、会えたのは、
山梨県立美術館 所蔵の 「落ち穂拾い、夏」 でした。

あたたかな気持ちになれました。

フォンテンブローの田舎で作品を書いていたミレー。
私は鹿児島県の山の奥の奥で9歳まで育ったところも、田畑がいっぱいのところ。

心が懐かしくホットするのは、原体験が一緒だからかしら。
素敵な時間でした。