マクドナルドの藤田 田さんのお金の使い方

赤ちゃんを望んでいるあなたへ

藤田 田さんの「ユダヤの商法」の本はすごい!

なぜすごいと思ったのか・・・。

子育て本だったからです。
これから赤ちゃんをのぞまれる方々へ、なにかヒントになれたらいいなぁとお届けいたします。

 

作者の藤田 田さんは、日本マクドナルドの創立者です。

彼の出身高校の90周年の記念事業に何をするかという理事会でのことが書いてありました。

みんなは、図書館を贈ろうという中で、藤田さんは自動車の練習場を贈ろうと提案するのですが(この本は1972年に出され、そのずいぶん前の時代の話です)賛成票は藤田さんただ1票。

今度は、その10年後の100周年の記念事業のときに理事会での話。
「あのとき、自動車の練習場を作っておけばよかった」との案がでたとき、藤田さんは、こう答えたのです。
「世の中は常に先手先手をしていかないといけないのに、車がこんなに増えた時に練習場なんておかしい!」と言って、次の案を出されたのです。

「全校生徒1200人を7,8月の2ヶ月かけて世界一周させる。 OBが2万人いて一人15,000円の寄付で3億集まるから、OK。   1200人の高校生が世界を見たということになると、大きな財産になります。 30過ぎて海外に出たってだめですわ」

私がそこにいたら拍手喝采でしたが、この案もあえなく賛成票は藤田さんただ1票のみ。

我が家の日曜日。
ペットボトルに水道水を入れて出かけたユウキ。
電車少年なので、片道2時間半歩いて26日廃車になる電車103系を見に出かけました。
お金は1円もないので、途中の図書館で水を補給し、また2時間半歩いて帰ってきました。

「おかあさん、歩くって本当に気持ちがいいね。
おとうさんが散歩が好きな理由がわかったよ。
夕陽は、本当にきれいだったんだ!」

私はこんな少年少女たちに、世界をいっぱい見せてあげるのが夢です。

藤田さんが書かれた儲ける方法の中で、本当に感動することばかりでしたし、

その中でもこの「お金の使い方」は、最高の財産になるなぁと感じたのでした。

子育ては一人で悩むと堂々巡りです。
動画が参考になれたらうれしいです