ペットボトルの蓋を同じにしていただけたら・・・

副業のヒント

ペットボトルの蓋ですが、共通にしていただけたら、こんな嬉しいことはありません。

震災のときに、実にペットボトルには助けらました。
ありがとうございます。

水が1ヶ月以上でなかったので、近所の公園に汲みにいきました。
ただ、大きいタンクですと、あまりにも重たくてまた、使用するときにも不便でした。

そんなときに、小さいボトルにいくつも入れて運び、使用しました。
なので、我が家の床下には、30個ほど、保存させていただいています。

ところが・・・・。
2011年よりは、かなり改善されたのですが、ペットボトルの蓋が共通ではないのです。
震災がきっかけで、かなり工夫をしてくださったと聞いておりました。

なので、ありがたいのですが、せっかくでしたら・・、全部共通だったらどんなにかありがたいことでしょう。

同じようなオレンジの蓋なのですが、相互でできません。

実は、サントリーの蓋は、キリンでもOK
ただ、キリンの蓋は、サントリーは使えないのです。
こんなふうになってしまいます。

震災の時にどれだけありがたかったことでしょうか。
大きなタンクは、高齢者の方には難しいです。
私はまだ高齢者とよばれていませんが、実に重たかったのです。
ペットボトルさまさま・・・、でした。

10個くらい公園に行って、水を補充しましたが、「蓋合わせ」に時間がかかりました。
本来のペットボトルの活用方法ではないことは、十分に知っていますが、「いざ」というときには、大変活躍しているのは周知のことだと思います。

飲料メーカーのみなさま、よろしくお願いいたします。