さつま富士、開聞岳が上空から見えた 2013年

親の介護

鹿児島に住んでいる母の介護に帰って、帰京時の風景です。

介護といっても、一緒に買い物をしたり、一緒にご飯を作ったりするだけです。

微かにみえるのは、鹿児島県の開聞岳です。

地図でいうと、左側の南に位置しています。

桜島と違い、優雅な佇まい。

さつま富士ともよばれています。

元国際線ファーストクラス客室乗務員 エグゼクティブクルー熊谷留美子のおもてなし実践講座

 

鹿児島から羽田に向かっての飛行のときに、上空から見えました。

いつもですと、霧島から宮崎に抜けるルートが多いのですが、今回は、南下したようでした。

実は初めて、上空からみました。

きれい・・・・。

ふるさとの鹿児島にはそうそう帰れていません。

なので、飛行機に乗るときには、声をかけます。

「また近いうちに帰らせていただきます。

ありがとうございました。

本当にいつも温かく見守ってくださってありがとうございます」

すると、急に霧島の上空が晴れたりと「お返事」をくださるのです。

今回は、「さつま富士」がプレゼントでした。