【 23才 生み出したお金で欲しい物を買う  】

子育て 16才〜

【 生み出したお金で欲しい物を買う  】

ロバートキヨサキさんの「金持ち父さん、貧乏父さん」のシリーズを10年前から読んでおりました。

一番響いたのは、

・ほしい物があったら、生み出したお金で購入する

でした。

つまり、ロバートキヨサキさんは、欲しい車があったら、

1)家の物件を探す

2)それを人に貸して、家賃収入をもらう

3)(家賃収入)- (自分が銀行に借りた毎月のお金)= このお金を車のローンにする

4)車のローンが払い終わっても、家の物件が残る

というわけです。

これを我が家のバージョンに置き換えますと・・・・

国からの給付金の10万円で、息子はカメラを購入しようとしていました。

物を買うのは、経済が回るのでとってもいいことです。

ただ・・・、上記のような考え方があったので、話してみました。

じっくり考えた息子の答えは

「わかった、自転車を購入する」

「自転車でWOLTのバイトをする」

「そのお金を貯めてカメラを購入する」

「カメラを購入しても自転車は残り、また生み出せる」

「しかも運動をするので痩せることができる」

でした。

素晴らしい!

この考え方が頭でなくて、実際に行動していくこと、これが何よりも大きな経験になりました。

自転車はもう4台目で、実は車にぶつけられて壊れていたのです。

WOLTというのは、ウーバーイーツのようなものを更に改良した仕組みになっていて、北欧からきたビジネスで、日本では100万都市を狙うとのことで仙台にも上陸したのです。

ほぼ毎日、WOLTのバイト3時間くらいしています。

暑い中の配達に、温かい言葉をかけてくださるようです。

それがとても励みになるとのこと。

生み出したお金で欲しいものを買う