【第2弾 一行書くだけでお金が貯まる日記とは】

副業のヒント

【第2弾 一行書くだけでお金が貯まる日記とは】

 

簡単なの!

でも、簡単すぎて、やれない人いるかも!

それは

「感謝の気持ちを日記に1行書く」

です。
DaiGoさんの弟さん、松丸亮吾さんは、

「ぼく、それやるよ!」

と対談動画の中で言っていました。

22歳の男の子、いいですね。

ネッ、簡単でしょ。

これは何もスピリチュアル的な観点でDaiGoさんは話していません。

ちゃんと臨床したデータをもとに話しています。

では、なぜ、感謝の言葉を書くといいのでしょうか?
そう、これがわかると実行したくなりますよね?

なんだと思います?

それは・・・・

「セルフコントロール能力が高まるから」・・・・です。

えっ、どんな風に?

それは、「目先の欲求に強くなる」「我慢ができるようになる」・・・・です。

そう、これは大きい!

普通に生きていると、ついつい

「自分が、自分がやったんだ!・・・とエゴになってしまいがち」

でも感謝の言葉を書いていると、

「あぁ、私のために回りは親(家族や友人)はこんなことを今日はしてくれていたんだなぁ。

ありがたいなぁ。

だから、この感謝の気持ちにこたえるためにも、自分はがんばらなきゃ!」

という気持ちになるのです。

すると、セルフコントロール能力が高まるので、目先の欲求に強くなっちゃうというわけです。

実は、これを実践して、私自身のここが変わったなぁと思ったのは・・・。

私はパパッとピンときたら購入するタイプでした。

だって、ピンと来たというのは何かがあるんだもん・・・、なんてお恥ずかしい・・・・・。

でも、今はこうです。

「本当に今、それが必要?」
「今あるもので、代用できない?」

と自分に聞いてみることができるようになりました。

先日は、ネットで洋服を5着購入し、かごに入れました。

でも、今本当に必要かなぁ?

と思い直したのです。

クローゼットの中には、お気に入りの洋服がいっぱいあるのに・・・・、

なぜ欲しがるの?

もしかして、ストレスが溜まっているの?

と自問自答したわけです。

主人は私が仕事をしやすいように環境を整えてくれているのに、なにがストレスなの?

こんなに大切にしてもらっているのに、自分ばかりが大変と思っているんじゃないの?

主人にありがたい気持ちがないなぁ・・・・。

そして、ネットのかごをゼロにしました。

これが、「セルフコントロール能力が上がったか」

うれしくなりました。

一見、感謝の言葉を書くことと、セルフコントロールとはまったく関係ないように見えるのですが・・・・、

行動してみて、わかりました。

ちなみに、日記を書くことをできない人は、スマホの日記のアプリに入れてもいいそうですよ。

毎日、毎日!

 

・もう一つのキャッシュマシンの提案は、1つめがこちら
・2つめがこちら