【どこに興味があるのかが答えられたら次へのステップへ】

副業の応援メッセージ

【どこに興味があるのかが答えられたら次へのステップへ】

私、熊谷の会社はHPをいくつかネットにあげています。

そのため、結構電話をいただきます。

たいていは、売り込みです。

例えば、

御社の商品を放映しませんか?

とか、

コーチとして登録しませんか?

とか・・・。

いずれにしても、放映にかかる費用は自分持ち、登録料も自分持ちです。

けっこうなお値段です。

私は、必ず伺うことがあります。

「私どものどこに興味をもたれたんですか?」

すると、二つに分かれます。

1つは闇雲に電話をかけられたケース。

この場合は、相手が電話越しに戸惑う様子がありありとわかります。

もう一つは、すぐに答えてくださるケース。

この場合は、とてもうれしいです。

というのは、自社の商品って、自分にはみえないからです。

会社の強み USPをつくるときのヒントをもらうチャンスです。

私自身、数社のこの手のアドバイスに従い、やってきましたが、得られた結果はほとんどゼロに等しいです。

だから、初めから断る気持ちでいるのですが、せっかくのご縁ですから、質問をするのです。

もちろん、相手にも必ずお礼をします。

先日お電話をくださった方は、27歳の女性でした。

興味を持たれた理由は・・・・、

コーチのHPの挨拶文に、

「7000人の女性のCAがいると、結婚ができないのは恥ずかしかったし、それを口に出すことすら悔しかったり情けなかったりしました。」

と書いておりますが、こういう自分の恥を書かれたHPに出会ったのは初めてだったそうです。

だから、信頼できる先生だなぁと思われたとのことでした。

そのHPはhttp://ex-crew.jp/

ということは、この方は結婚になんらかの問題を抱えているのかしら?

と思うのです。

なので、ちょっとお話をしてみたら、いっぱいいっぱい今の課題を話されました。

「熊谷先生、本当にありがとうございます。
仕事の電話をさせていただいただけでなく、私、とても元気になりました。
うれしいです。」

お仕事の依頼は断ったのに、こうして感謝されて電話が終わると、私自身、とても楽しくなります。

私自身は、弊社の強み(USP)のヒントをもらったのに・・・・。

私自身に置き換えると・・・・、

弊社の商品を紹介するときに、相手のことをちゃんと考えて提案しているかどうか・・・・、

です。

闇雲に同じようにテレアポのようにしていないか、どうかです。

自分のことに具体的に興味を持ってくださって依頼があれば、お話がすすみますものね。

電話から学んだことをシェアいたしました。

 

私は、起業されている女性がもう一つの収入で5~10万円プラスできて、
そのお金でお子さんにも経験をプレゼントできるといいなぁとお仕事の提案をしています。
・もう一つのキャッシュポイントの提案は
1つめは こちら
2つめは こちら