「JALの鶴のマークは、国旗を思い出して泣けてくるんだ」

CA時代のエピソード

アルジェリアのテロで、日本の企業が砂漠地帯、ネットもすぐにつながらないところで活躍してくださっていることを知りました。

 

私が乗務していた頃、よくアフリカに行かれる方々はパリ経由で搭乗いただいていました。

そして、お帰りのときに必ずおっしゃっていただいていたのは、

「JALの鶴のマークは、国旗を思い出して泣けてくるんだ」

でした。

 

今回は、政府専用機でご遺体を搬送することになりましたが、心安らかにと祈るばかりです。

また、私自身も遠くアフリカの地で人知れず頑張って日本を支えていてくださるかたがほかにもたくさんいらしゃいます。  

改めて感謝いたしました。

 

元国際線ファーストクラス客室乗務員 エグゼクティブクルー熊谷留美子のおもてなし実践講座